top of page
  • 執筆者の写真chihi

林業安全講習会

今年も林業の季節がやってきました(ちと出たし遅い??笑)

林野庁交付金の整備対象山林へのお手入れ前に、安全講習会が義務付けられており。


この日、青空のもと開催されました。

山北町よりプロの林業家、Mさんを招き講師役をお願いし、林野庁傘下のまちむら機構の担当者Hさんにも来ていただきました。


仂からの参加者は10名。山林整備に詳しいものも、初心者も、基本的なところから教わりつつ、質問をぶつけて活発なやりとりがなされました。


座学の後は、2箇所の現場へ。

稲郷のS様山林と弥勒寺の I様山林へ。

それぞれ違った植生を見ながら、具体的な伐採の仕方を提案し、講師からの助言をいただき、更なる安全性を目指して学びの時間を共有しました。


車座で講師のお話を聞く


現場近くで、講師Mさん愛用の必須道具を見せていただく


対象山林を前に作業工程についてのお話


山林の中から、懸木になっている枯れ木の位置を確認

伐採の工程や注意点について、活発な意見交換

昼食後、弥勒寺に移動しました。

残置木の処理について教わる

こちらも、枯れた倒木が重なり合って、懸木になっています。

アレをこうして、次にアチラをこうして…

最後に作業中、とても大切な「声かけ」について教わり、西陽の傾く頃、講習会は終了したのでした。


閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page